薬 飲み合わせ

薬の飲み合わせに注意しよう

お酒と薬の飲み合わせは危険

 

なかなか眠ることが出来ない時に、お酒を一杯飲んでしまいますと眠たくなることは経験をしたことがあるでしょう。

 

しかし、不安や心配事を抱えていますと、お酒を一杯飲む程度ではなかなか眠れないこともあるかと思います。

 

シアリスの購入
シアリスの安全な購入はこちらへ>>

 

眠れない日が一日や二日であれば特に問題はありませんが、あまりにも長く続いてしまいますと日常生活に支障が出てきてしまいます。

 

そのような眠れない日々が続いてしまった時に効果的となるのが睡眠鎮静薬なのです。

 

一般的には睡眠薬と略されて呼ばれている薬です。

 

睡眠薬は医師の指示通りに使用をしていれば、現在の睡眠薬というのは副作用や依存症を引き起こされてしまう危険性はほとんどありません。

 

しかし、睡眠薬を使用することに関して注意をしなければいけないことがあります。

 

それは、睡眠薬とお酒を一緒に飲んではいけないということです。

 

そもそもアルコールと睡眠薬というのは中枢神経に対しての抑制効果があり、そんな中で睡眠薬とアルコールを一緒に飲んでしまうことで昏睡状態やショック状態に陥ってしまうこともあるのです。

 

どんなに夜にお酒を飲んだとしても眠れないからと言って、夜中に起きて睡眠薬を飲んでしまうと、最悪のケースで目を覚ますことが無くなってしまうこともあるので注意が必要です。

 

睡眠薬の飲み忘れと言って、夜中に起きてまで睡眠薬を飲むようなことは絶対にしないようにしてください。

 

どうしても眠れない場合には専門の医師に相談をしてみると良いでしょう。

 

またビールやお酒と抗生物質を一緒に飲んでしまいますと、ひどい二日酔いに悩まされることがあります。

 

二日酔いになる仕組みというのは、肝臓にアルコールが侵入をしますと最初にアルコールの脱水素酵素などといった働きにより、アセトアルデヒドという物質に変化をします。

 

ですのでお酒を飲んで数時間経過しますと、このアセトアルデヒドという物質が体内を巡るのが原因であり、気分が悪くなったり吐き気などといったいわゆる二日酔いの症状を引き起こしてしまうワケです。