薬 むくみ

薬の服用によって起こるむくみ

ふだんから薬を服用していてむくみが気になることがありませんか?

 

もしかすると、そのむくみは薬の副作用かもしれません。

 

グリチルリチンという成分があります。

 

このグリチルリチンは抗炎症作用や解毒作用があることで知られている成分です。

 

シアリスの購入
シアリスの安全な購入はこちらへ>>

 

そのために、かぜ薬や胃腸薬、肝臓疾患の薬などによく配合されています。

 

なぜこのグリルチリンがむくみの原因になるのかというと、副腎でつくられるアルドステロンというホルモンに似た働きを持っているからなのです。

 

アルドステロンというホルモンが体内に分泌されると、ナトリウムの尿への排出が抑えられてしまいます。

 

その代わりにカリウムの排出が促進されてしまうのです。

 

ナトリウムが体内に蓄積され、過剰な状態になってくるとナトリウム濃度を下げるために体内の水分量を増えるのです。

 

結果、体内の水分過剰状態を招くことになり、むくみが生じるというような形になっています。

 

アルドステロンというホルモンが副腎の異常によって過剰に分泌されてしまう症状があります。

 

それをアルドステロン症と言います。

 

グリチルリチンもまた、このアルドステロンというホルモンとよく似た作用をするので、アルドステロン症と似た症状がでるのです。

 

つまり、グリチルリチンの成分を含んだ医薬品を長期間服用することで、むくみがでるということです。

 

こういった症状を、アルドステロン症ではないのに同様の症状が出ることから偽アルドステロン症と呼ばれています。

 

このグリチルリチンという成分は甘草と呼ばれる野草の根にも多く含まれているのです。

 

甘草は砂糖の50倍の甘みがあるとも言われており、醤油の甘味材として利用されることもあります。

 

欧米ではお菓子やドリンクの原料としても多くのものに利用されています。

 

ですので、お菓子の食べ過ぎで偽アルドステロン症をおこしてしまうケースがあります。

 

甘草は漢方としても有名な野草です。

 

ですので、多くの漢方にも配合されていることは忘れないでくださいね。

 

グリチルリチンという成分を含む医薬品やお菓子、または甘草由来の漢方などを服用していて、むくみの症状がでているのなら服用するのを中止して様子をみてください。
もちろん主治医の先生に相談してからですよ。

 

勝手にお薬の服用を中止して、なにかあっても責任とれませんので。