医薬品 サプリメント

医薬品とサプリメントの関係について

サプリメント医薬品とはどう違うのでしょうか。

一般的に見て、どちらも健康に作用するわけで同じようなモノだと認識されていると思います。

シアリスの購入
シアリスの安全な購入はこちらへ>>

しかし、法律的に見た場合、どうなっているのか。

この辺りをきちんと見ていきたいと思います。

先ず。

医薬品とは日本薬局方という厚生労働大臣が定めた医薬品の規桔基準書があります。

この中で成分の品質や純度などに関する規定がきちんと決められています。

さらに病気の治療や予防を目的に身体の機能や構造に影響を及ぼすものという定義が薬事法によってなされているのですね。

一方で、サプリメントです。

このサプリメントはいわゆる食品衛生法の食品定義の範疇に入るだけでして、明確にこれがサプリメントだという定義はありません。

ですが、厚労省の通達のなかでは、栄養成分の補給や特別の保健用途を目的とした食品のうち、錠剤、カプセルなどの通常の食品の携帯ではないもの、とサプリメントのことを示しています。

つまり、一般的な食品とは明確に区別していますよ、ということになります。

ただし、食品である以上、サプリメントは身体への効果や成分の効能を謳うことはできません。

それは薬事法で定められているからです。

サプリメントとは英語で補うを意味する言葉です。

英語のサプリメントをそのままカタカナ表記したものですね。

食事では摂取しきれない栄養成分を補うといった意味で使われています。

アメリカでは医薬品と食品の中間的存在として法律で定義されています。

こういった特徴から、サプリメントには薬のように特定の疾患に対する治療効果はありません。

あくまでも健康維持や健康の増進が目的の栄養補助剤であることを忘れてはいけません。

その効き目はゆるやかで長期間にわたって摂取することで、効果を実感できるようなものがほとんどです。

薬のような即効性はありません。

またその効果や効能を表記することは薬事法で許されていません。

ですので、サプリメントに具体的な用法や用量といったものを表示することもできないのです。

サプリメントには特定の服用期間というものもありません。

長期的な使用を前提にしているので、特に定められてもいません。

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<