シアリス グレープフルーツ

シアリスはグレープフルーツに注意が必要

シアリスはED(勃起不全)の治療薬です。

 

バイアグラ、レビトラに次ぐ第3のED治療薬として2003年にアメリカのイーライリリー社で開発されました。

 

日本では2007年に認可され、医師の処方が必要な処方箋医薬品となっています。

 

シアリスの購入
シアリスの安全な購入はこちらへ>>

 

シアリスの主成分はタダラフィルで、この成分が、血管の筋肉を緩めて血流量を多くするため、陰茎海綿体に流れ込む血液を増加させることにより、勃起を起こさせ、持続させます。

 

シアリスの特徴としては、食事の影響を受けにくい事や、長時間の勃起機能改善効果があることが挙げられます。

 

まず、食事の影響を受けにくいというのは、唯一食前でも服用可能なED治療薬という事で、自由度が高く、決められた時間に服用しなければいけないという医薬品ではないのです。

 

次に、長時間の勃起機能改善効果というのは、シアリスの薬剤の血中濃度が半減するのが約18時間後と言われているので、24時間から36時間程度は効果が維持できるという事です。

 

穏やかに長時間の効き目があるED治療薬のシアリスは、全ての人が服用できる医薬品ではありません。

 

シアリスの主成分であるタダラフィルが血流を良くする薬剤であるため、硝酸薬と呼ばれる全身の血管を広げる医薬品との併用は、過剰に血圧を下げてしまう可能性があるので、禁止されています。

 

この硝酸薬は心疾患や虚血性などで使用されることが多いです。

 

シアリスの成分と心疾患などに使用される医薬品と働きが似ているのです。

 

では、心疾患の医薬品にはほかにどのようなものとの併用が禁忌されているのでしょうか。

 

それは身近にあるグレープフルーツやグレープフルーツジュースです。

 

グレープフルーツを摂取した後に薬を服用すると、薬剤の血中濃度が上昇してしまい、薬が効きすぎてしまう可能性があるというのです。

 

シアリスも同じような働きをするため、グレープフルーツの摂取は控えたほうがよさそうですね。

 

果物やジュースはすぐに判断できますが。

 

カクテルなどを飲む方は要注意。

 

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<