シアリス ジェネリック

シアリスのジェネリックを試してみよう

シアリスは2003年にアメリカのイーライリリー社で開発された、ED(勃起不全)治療薬です。

 

日本では2007年に認可され、バイアグラ、レビトラに次ぐ第3のED治療薬として注目されています。

 

シアリスは、バイアグラやレビトラとは違う特徴があり、唯一食前の服用が可能なことや最長36時間という長時間の勃起機能改善効果が認められています。

 

シアリスの購入
シアリスの安全な購入はこちらへ>>

 

日本では医師の処方が必要な処方箋医薬品となっていて、保険適用外で費用が高い為、安く簡単に手に入れることができる個人輸入がよく利用されています。

 

海外の医薬品を個人的に輸入するのは、自分自身で使用する場合、一定期間の範囲内で使用する量であれば、申請もなく輸入することが認められていますが、これは全て自己責任となり、万が一健康被害が生じても自己責任なので、リスクが大きいと言えます。

 

価格の安さや、クリニックを受診するのは恥ずかしいという方や時間がないという方も多く、個人輸入を利用する方は年々増えています。

 

この個人輸入で時々目にするのが、シアリスのジェネリック商品です。

 

ジェネリックというのは、先発医薬品の特許期間が切れたのち、有効成分や品質など、効き目が同じである医薬品の事です。

 

しかし、日本やアメリカなどほとんどの国では新薬の特許制度があり、20年はその製造方法をまねした類似品を販売することができませんが、インドでは、国の法律として医薬品の特許を認めておらず、シアリスのジェネリック商品はほとんどがインドで製造されたものです。

 

メガリスやタダリスなどという商品名で販売されています。

 

新薬は様々な研究費や臨床試験などをクリアしなければ販売することができない為、そのような費用がかなり掛かり、価格設定も高めです。

 

ジェネリック医薬品は、そのような費用が掛かっていない為、かなり価格が安く、効果が同じならとても良い製品です。

 

しかし、日本では認められていない医薬品なので、注意して使用しなければなりません。

 

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<